ユキノ’s diary

ほぼドルオタブログ、あとはサッカー/音楽/本等、日常はちょこっと。かなりノンジャンルのカオスすぎるブログです。ジャニーズや超特急、ミュージシャン等の呼び名に関しては、こちらを参照してください→ https://toshey1024.hatenablog.com/entry/2020/01/01/165301

ネコ愛してますが、もう飼いません。

今週のお題「ねこ」

 

本日、2020年2月22日、猫の日

西暦から書いても、何となくニャンニャンしてる♪

 

猫の思い出。

子供時代、元々飼っていた親ネコから生まれた子ネコ達。

4匹生まれて、2匹は里子に出して残った、きょうだいネコ。

 

真っ黒な男の子は、後にボスネコになり、喧嘩が原因の猫エイズで死去。

祖母の踵にふざけて噛み付いて、大怪我させるほどの乱暴者だったけど、気は優しい子でした。

死ぬ時に『俺は、今夜死ぬぞ!俺は、今夜死ぬぞ!』と言いながら死んで行ったおじいちゃん(黒猫)。

香箱座りでうずくまり、苦しそうなんだけど、『心配して欲しいんだよねー、分かるよー』というくらいの態度に、ちょっと笑ってしまいました…

 

 

キジトラの女の子は…大和撫子

優しくて、おしとやか。

やんちゃ盛りだった私は、ヒゲを引っ張ったり、耳を引っ張ったり、肉球に噛み付いたり…色々しましたが、全く怒る気配なし。

というより、彼女が怒ったところを見たことがありませんでした。

それどころか、思春期に母と上手くいかなくて部屋に籠るようになった時、いつもそばに寄り添ってくれたのが、彼女でした。

辛い時、悲しい時に部屋にこもると、必ず私の隣にくっついて、香箱座りしたり、ただ普通に座ったりして、落ち着くまで見守ってくれた、お姉ちゃんみたいなネコ。

『ありがとう!』と頭を撫でると、『どういたしまして!』と言わんばかりに満足げな顔をしてた彼女。

思春期が過ぎ、大人になるまでずっと寄り添ってくれた、私の大切な相棒。

そんな彼女が亡くなる数日前、一緒に寝ているベッドに粗相をしてしまい、その日から『ごめんね、一緒に寝れないんだ…』と部屋を締め出してしまい…

そして、冬の朝…彼女は掘りごたつのヤグラから落ちて、片手をヤグラに掛けた状態で亡くなっていたそうです…

私が仕事に行っている間に…

電話でその事を知れせてくれた家族から『亡骸に会うか?』と聞かれたけど、部屋を締め出してしまった後悔と、相棒を失った悲しみで理性を失ってしまい『埋めちゃって!』と電話口で叫んでしまった私。

だから、あの日から何年も経っているけど、私の中では彼女は生きたまま。

 

それ以来、彼女以上のネコは居ないと、もうネコを飼わない言い訳にしています。

だって、新しい子をお迎えしても、彼女と比べてしまいそうで怖いから…

ジャニーズ:中居正広

とうとう、中居くんがジャニーズを退所するそうですね。 

 

やっと退所出来るのか…というのが、正直な気持ちです。

 

解散から3年…その間にどれだけの人に気を使ったのか…

中居くんが退所後も仕事を引き継げると聞いて、今までの努力、仕事ぶり、仕事に対する誠実さに、きっと周りの人も『助けよう』って思うんだろうなと…

何か、嬉しいです。

 

中居くんの会見は、仕事中で見れませんでしたが、かなり中居くんらしい会見だったそうですね。

後でチェックしてみます…

 

中居くんの退所と聞いて思い出す曲は、何故か

SMAP:Fly

 

君は今すぐ飛び立てるのさ…

 

今後、中居くんはどんな姿を見せてくれるのか…

自由に、中居くんらしい仕事を続けられますように…

超特急:無題

6号車、元気担当、イメージカラーは黄色。

メインダンサー:ユースケこと福田佑亮くん。

スケちゃん。

 

 

 

2月29日、超特急を脱退することになりました。

https://bullettrain.jp/news/news16150/

 

 

 

 

暫く前から、嫌な予感がしてた。

 

①スケちゃんの症状が、膝だけでなく心の問題もあるというカミングアウト


②5人が頑張れば頑張るほど、きっとスケちゃんからすれば、差が開いていく感覚があるだろうな…という危惧


③revival loveのフォーメーション…このダンスのどこにスケちゃんが入るの?と…

 

 

特に②。

ずっと『ユースケ!ユースケ!』と、公の場から声を掛けてきたメンバー。

確かにスケちゃんの事を気遣ってるからこその行動なんだけど…

スケちゃんからしたら、みんなの気持ちが分かるから『こそ』、重荷になっちゃったんだろうな…

こういうのって、本当に難しい…

自分たちの「善意」が、相手を潰してしまう典型。

メンバー一人一人の優しさが、1人のメンバーを潰してしまった…あまりにも悲しい。

 

誰のせいでもない。

ただ、スケちゃんが頑張りすぎた(症状は…燃え尽き症候群かな…)のと、メンバーが一生懸命過ぎた事。

その2つだと思う。

真面目過ぎる故の悲劇。

…本当に悲し過ぎて…

 

 


スケちゃん…今までありがとう!

まずは心身ともにバランスを「しっかり」整えて、焦らずに次のステージを見つけて下さい!

もし万が一表舞台に立たなくなったとしても、きっと優しいスケちゃんなら、その優しさを活かした仕事が見つかるはず。

スケちゃんの事、遠くからずっと応援しています。


本当にお大事に!

ハムラアキラ:シシドカフカ×間宮祥太朗=美しい

ロングヘアを振り乱して、ドラムを叩きながら歌う美女。

私のシシドカフカさんの印象です。

 

そのシシドカフカさんが、ドラマ初主演…葉村晶(ハムラアキラ)という探偵役です。

トレードマークの長い髪をバッサリ切って、さらにパーマも…

いやぁ、美人てどんな髪も似合うんですね…

このビジュアル、嫌いじゃないです。

そして、警察の管理官=間宮祥太朗さん。

いつもの底抜けに明るい役ではなく、ニヒルな役。

それがまた、美しい。

間宮くんて、やっぱり美しいですね。

それだけでも、見る価値があるかなぁと…

 

NHKのくせに面白い…いや、NHKだから書けるドラマ、か。

感情のない葉村さん=シシドカフカさん。

中村梅雀さんや中村靖日さん、大後寿々花さん等の実力派が脇を固め、コメディ要素も推理要素もあるドラマ。

 

 

 

以下、第4話のネタバレです。

 

 

 

軽い気持ちで『死にたい』と言った女性タレントに、次々に起こる恐怖体験。

実は身近な複数の人達が犯人だが、それぞれ『女性タレントから連絡があって、嫌がらせをして欲しいといわれた』と言う。

だが…当の女性タレントは『身に覚えがない、誰かに狙われている、助けて欲しい』と…

そして…葉村さんや仲間の探偵の努力虚しく、女性タレントは「家族」に連れ去られ、最終的に彼女は「自ら死を選んだ」…(「」の意味をわかってほしい)。

 

その後、彼女の死も、第1話で亡くなった葉村さんのお姉さんも、野間口徹さん扮する『死に導く男』の扇動で起きた事件であることが判明。

そして、『死に導く男』は真相を葉村さんに話した後、自ら命を絶つ。

 

…ハムラアキラ史上、最も後味悪い結末でした…

それも、葉村さんの元同僚の探偵(毎回事件を持ってくる役)は『死に導く男』の導きにより、瀕死の重体…とか…

…こういう結末…ないわぁ…

…悲しい…本当に悲しい………

正直、今週末見るのが、ちょっと怖くなるくらい、悲しい結末でした…

大切な人:腐れ縁

今週のお題「大切な人へ」

 

幼なじみ。

特に四半世紀以上付き合ってる、腐れ縁たち。

 

何なんですかね。

絶対、何があっても見捨てないんですよね。

 

何年も前、まだ発達障害の診断を受けるずっと前、初めてのパニック発作で苦しんで、家族以外を全員拒否るような酷い鬱状態の時も、聴覚過敏に苦しんで錯乱状態になった時も、見捨てるどころか、時には様子を見ながらも、ずーーーーっとそばにいてくれて、常に笑わせてくれた仲間。

以前も書きましたが、昨年の恩人の火葬場でのお別れの時、私が酷いパニック発作七転八倒した時にそばにいてくれたのが、『腐れ縁』の1人と、もう1人の『腐れ縁』のお姉ちゃん(←本人は、都合により来れず)。

 

『腐れ縁』は他にも何人かいますが、そのうちの1人が、先日書いた『妹の婿さん』。

 

彼女たちに出会えたこと自体が奇跡なんじゃないかっていう位、有難い存在です。

SnowMan:ジーコ

今回は、ただの向井康二への偏愛です。
内容はほぼありません。
ご容赦ください💦

SnowManがデビューして、3週間経ちます。
向井康二くん…ジーコ、だんだん顔が変わってきましたね。
プロの顔になってきました。

何か『まいジャニ』のひな壇で、いつもメンバーを俯瞰で見て、上手く回してた『関ジュの潤滑油』時代、私の中では『ムカムカルルルル(ジーコ室龍太くん)』あっての関ジュと思ってました。
ただ、あの頃は『デビュー組』ではなく、今の龍太くんの立ち位置…デビューせずに、役者の道に進む方に近い感じがしました…

…でも…SnowMan編入…東京のJrと絡みづらいと言っていたジーコが、東京Jrのど真ん中に放り込まれ…
初めは『大丈夫かなぁ』と心配してましたが、今はみんなに愛のあるイジりを受け、ボケる時はボケ、突っ込む時は突っ込むように…佐久間くんと2人、場を和ませる天才として認知されるようになりました。

そして、デビュー。
はじめはぎこちない…というか『爪痕を…』という感じが拭えませんでしたが、今はだいぶ『出る時は出て、引く時は引く』事が出来るようになり、使い勝手の良いタレントになりつつあるように思います。
そして、外見…どんどん垢抜けて、カッコよくなってきましたね!
いやぁ…元から決してビジュアルが下と言うわけではありませんでしたが…明らかにデビューしてからカッコよくなった!
SnowManが出てると、ジーコばっかり見ちゃうくらい。
本当にイケメン!

SnowManを見る度『ジーコ、良かったね、おめでとう!』って毎回思います。
関ジュへの偏愛が強すぎでしょうか…‪w
頑張って欲しい。
ジーコには、苦労した分、辛酸を嘗めてきた分、本当に頑張って欲しい。
そして、後を走る『なにわ』や『Aぇ!』や『リトかん』たちの目標であり続けて欲しい。
そう願います。

大切な人

今週のお題「大切な人へ」 

 

妹家族。

 

私が障害者だって今更分かったというのは、はっきり言って彼女たちだって嫌だと思うんです。

でも、何もかもが私と真逆の妹は、私が発達障害と知っても『あ、そうなんだ』で終わり。

婿さんも『別に、ユキノちゃんはユキノちゃんですから、何も変わりませんよ』で終わり。

そういえば、婿さんも昔から片付け手伝ってくれたり、他にもいろいろ助けてくれたなぁ…妹に逢いに来てたついでだと思うけど‪w

賢い妹夫婦に、本当に感謝です。

 

 

姪っ子&甥っ子は、何も考えずに『ユキノちゃ〜ん』て甘えてくれるし。

特に甥っ子。

姪っ子はそんな事絶対しないけど、甥っ子は私が怒るギリギリを知ってて、そこをついてイタズラしてくる…

 

ムカつくけど、そういうのが癒しになるんだよなぁ…悔しいけど‪w